このページの先頭です

Event・Campaignイベント・キャンペーン

10/8(日) ロマン派症候群

エンタメ&カルチャー

二大作曲家の奇想天外な出会いから生まれる物語
ロマン派音楽の創生と興隆を彩ったショパンとブラームス。
生きた時代も空間も違う二人の大作曲家の偶然の出会いから起こる心の動きや葛藤を、「音楽」と「ことば」で交互に、時には一緒に、語るように描きます。
作・演出は、小劇場界の雄、内藤裕敬(南河内万歳一座)。
音楽監修とピアノ演奏を務めるのは、日本を代表するピアニスト仲道郁代。
その他、出演に松永玲子(劇団ナイロン100℃)、ヴァイオリニスト川久保賜紀らを迎えお送りする、演劇×クラシック音楽のコラボレーション作品をどうぞお楽しみに!

■日時:10/8(日)15:00

作・演出:内藤裕敬(南河内万歳一座)

■音楽監修:仲道郁代
■出演:松永玲子(劇団ナイロン100℃)、坂口修一
川久保賜紀[ヴァイオリン]、加藤文枝[チェロ]

■料金:一般4,000円、ユース2,000円(24歳以下・要身分証提示)

高校生〔的〕チケット1,500円(枚数限定・劇場窓口・前売のみ取扱)

※未就学児入場不可
■チケット一般発売:8/ 6(日) 10:00~
■場所:6F 北九州芸術劇場中劇場

2017年07月03日